最近のコメント

    カテゴリー

    片方一重、片方二重の私

    私のコンプレックス、いろいろありますが、一番は、目でしょうか。

    母親はパッチリ二重。父親は一重。私は父親に似て一重まぶたです。 弟二人は母に似てとっても大きいパッチリ二重でうらやましいです。 何度も代わってほしいと思いました。

    今まで色々なアイプチを試してみましたが、なかなかうまくできず、いかにもアイプチをしてるという感じなのであまり出来ません。 一重ですが、そこまで目が細い方ではなかったのでまぁいいかなと思いつつ過ごしていました。 でも、出来ればキレイな二重だといいなーと思っていました。

    母親は二重なのですが、高校生の頃までは一重だったそうです。 なので私もいつか二重にならないかななんてちょっと期待をしていました。 が、全然二重になる気配はありませんでした。

    眠くなると時々二重になることがあったのですが、定着はしませんでした。 それが20代後半頃、なぜか突然左目だけ二重になりました。 元々左右比べると左目の方が大きかったのですが、そちらが二重になり、ますます左右の目の大きさの差が出てしまいました。

    それからは、右目も二重にしたくて自宅にいるときを狙ってアイプチをするようにしていました。 プチ整形にはちょっと抵抗があるので、自分でなんとか二重にならないものかと、試行錯誤の連続でした。

    まつ毛パーマをかけると、二重になったり、ビューラーでまつ毛を上げてマスカラを塗ると二重になったりしたので、それを続けていますが、まだ二重は定着しません。 一人目を妊娠しているとき、やせたからか勝手に右目も二重になったのですが、知らないうちにまた戻ってしまいました。

    ふと鏡を見たときなど、目に力を入れて二重にしてみたり、二重の線をなぞって見たりするのですがなかなかしぶといです。 片方二重、片方一重は本当に不自然で嫌なので、今はメイクのときにアイシャドーを右目の方を濃い目に塗ったり、マスカラをたっぷりつけたりしてごまかしていますが。。 二重になってほしいなと思います。

    最近気になるのが、薄毛です。いつもセンター分けにしているのですが、その分け目が広がっていっているように思うのです。

    部分ウイッグっていうのがネットをみていると売ってあったんだけど、どうなのかな??

    参照:http://xn--eckd5a1e535tw34e.com/

    いかにも被ってます!!っていうのは嫌だし。。でもちゃんとしたものだと高そうだし・・周りにまだ使っている人がいないからどんな感じなのか聞くにも聞けないし((+_+))

    肌のくすみとか荒れとかも気になるようになってきたし・・・もう歳だねやっぱり体は正直・・・

    油分を含む乳液やクリームを使用せず化粧水のみ塗る方も相当いらっしゃるようですが、このケア方法は決定的な勘違いです。保湿を着実に実施しなかったがためにかえって皮脂が多く出てしまったりニキビが出たりするわけです。 化粧水を塗る際に、およそ100回ほど手で軽くパッティングするという方法も存在しますが、この手法はやめるべきです。敏感肌の方は特に毛細血管の損傷が起こり赤ら顔・毛細血管拡張症の誘因となる恐れがあります。 年齢を重ねたり強い紫外線に長時間さらされることで、身体の中の至る所にあるコラーゲンは固まってしまったり量が低減したります。このことが、皮膚のたるみやシワができる原因となるのです。 美容のためには欠かせない存在になっているプラセンタ。安定供給できるようになった昨今は基礎化粧品や栄養補助食品など多岐にわたるアイテムにふんだんに使われています。ニキビやシミの改善の他にも美白など色々な効果が注目され人気を集めている美容成分です。 化粧水に期待される大切な役目は、潤いをプラスすることではなく、肌が本来持っている自然なパワーがきっちりと働けるように、肌の表面の状態をメンテナンスすることです。

    あなた自身が手に入れたい肌のためにいろいろあるうちのどの美容液が最適なのか?手堅く調べて決めたいと思いますよね更に使用する際にもそういう部分に気持ちを向けて丁寧に塗りこんだ方が、良い結果になるのではないでしょうか。 コラーゲンという物質は身体を形成する繊維状のタンパク質で、アミノ酸が多数組み合わさって出来上がっている化合物を指します。身体に含まれるタンパク質のおよそ3割強がこのコラーゲンという物質で作り上げられているのです。 皮膚の一番外側にある表皮には、ケラチンという硬タンパク質の一種より構成された角質層と呼ばれる一種の膜で覆われている層があります。この角質層部分の細胞間にできた隙間を埋めているのが「セラミド」という細胞間脂質の一つです。 皮膚の乾燥重量の70%がコラーゲンに占められ、細胞間にできた隙間をきっちりと埋めるように繊維状に密に存在しているのです。肌のハリを保ち、シワひとつない肌を守り続ける真皮の層を形成するメインとなる成分です。 コラーゲンの効能で肌に若々しいハリが取り戻されて、気になっていたシワやタルミを健全化することができるということですし、おまけに乾燥して水分不足になったお肌への対応措置にだって十分なり得るのです。

    ほとんどの市販の化粧水や乳液などの化粧品や健食に用いられているプラセンタは馬や豚の胎盤を原料としているものが使われています。品質的な安全性の面から他由来のものと比較して、馬の胎盤や豚の胎盤から作られるものが明らかに一番信頼できます。 肌がもともと持っているバリア機能で潤いを保とうと肌は奮闘しているのですが、その有益な作用は加齢に影響され低下するので、スキンケアの際の保湿によって不足した分を補充してあげる必要が生じます。 毛穴のケア方法を聞いてみた結果、「収れん作用のある化粧水等で対策する」など、化粧水を使ってケアを行っている女性は全ての約2.5割ほどにとどめられることとなりました。 美肌作りに欠かせない美容液は肌の奥底まで浸透して、肌の内側より元気印にしてくれる栄養剤と言えます。美容液の役目は、一般の化粧品では到達しない肌の「真皮」の部分にまで必要な栄養分を確実に送り届けることです。 化粧品の中でもとりわけ美容液などの高性能商品には、値段がかなり高いものが多いのでサンプル品があると便利です。期待通りの結果が確実に得られるかの評価を行うためにもトライアルセットの意識的な活用が適していると思います。