最近のコメント

    カテゴリー

    お金を借りることについて(緊急やむを得ないばわいはすぐ返す程度の金額で借りること)

    私はかなり前に金がなくなり借りたことがある。その金はたまたま出張中なので、一緒に同じ宿に泊まった人から借りたものである。

    そのごその出張の用務が終わり、帰ってからその借りた人に返した。その時は持参した金がかかた金額より少なくなってきたためである。その時点では郵便局のATMはあったのだが、用心のためそのATMのカードを持っていかなかったためである。

    そんなことからそう高額にならない金額ならば、借りるのもやむをえないだろう。すぐ返すあてがあるのだらが。
    私は金融機関から金を借りたことがないので、借金のことをそう語ることはできないが、なかには借金に借金を重ねる人がいるよだ。

    これは最初からそうなったのではないようだが、自分の収入以上の借金になる人もいるようだ。何か欲しい物を購入するため借金をする人もいるようだ。

    借金をする時やむを得ない状態で借金をしてしまうのはしょうがないことだと思うが、なるべく返すあてのある範囲での金額にすべきであろう。必要以上に借金をすることはないように思う。

    よくこのブログ記事で借金の件がおおいようだが、いろいろな人が借金をしているのだろう。なかには無審査で金を借りるというものがあるが、そのようなものは金利が高いのではないか。

    銀行で借りるのは書類も多く簡単には借りられないようなので、消費者金融から借りてしまうと思うのだが、なるべくならば借金をしないほうがいいと思う。そんなところから借金をすると返すのが大変になるように思う。

    借りた金の倍以上の金を返すはめにもなってきてしまうのではないか。少額の金ならば家族なりに借りた法がいいように思える。

    ただしその金を返すことが必要である。返さないと後々まで気まずくなる。また友人なども家族と同じようにすべきであろう。金の貸し借りはよくよく考えてからにしたほうがいいのである。

    金の問題がこじれると、家族関係や友人との関係がよそよそしいものになってくるのである。

    Leave a Reply

      

      

      

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>